美声のケルト・ヒーリング音楽紹介とたまに独り言
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
Lisa Kelly リサ・ケリー

Lisa

明るく軽やかでもってどこか透明感のある、綺麗な声をしています。
まずはこの軽快なメロディーを聴いてみてください。
Lisa Kelly-Siuil A Run


現在Celtic Womanというグループに所属しているリサ・ケリー。
音楽一家の家庭で生まれ、両親がアイルランドの劇場に関わっていたリサは
早くも7歳で舞台デビュー。以来、女優・歌手として活躍。
昼間はコンピューター関連の仕事をしていたが、
あるときダブリンのゲイエティ・シアターで「ジャックと豆の木」に出演しようと決心。
それがきっかけで、2000年の「リバーダンス―ザ・ショウ」の女性リードヴォーカルに抜擢。
世界中をツアーする経験を持ちます。

May It Be by:Lisa Kelly lyrics


アイルランドなどの古い曲って、歌詞は困難が多くて暗いのに、
曲だけ聞いていると明るい曲が多い気がします。
曲聞いて軽快だなと思って歌詞みると「戦いで離れ離れになって…」みたいな詩だったり。

こちらで試聴できます。→Amazon:Lisa Kelly

LisaLisa
(2005/12/26)
Lisa

商品詳細を見る

  1. Siúil A Rún 3:18
  2. Carrickfergus 4:28
  3. Lift The Wings 4:47
  4. Soft Goodbye 4:31
  5. Dubhdarra 3:33
  6. Home and the Heartland 3:22
  7. May It Be 3:35
  8. Homecoming 3:36
  9. The Deer's Cry 3:42
 10. Send Me A Song 4:48
 11. Now We Are Free

"may it be"は映画「ロード・オブ・ザ・リング(1)」のエンディングでエンヤが歌った曲です。
ロード・オブ・ザ・リングにはいたるところにケルト装飾が出てきていました。
美術のアラン・リー氏感謝です。画家としてもファンですが。

"now we are free"は映画「グラディエーター」の曲です。
こちらは元曲リサ・ジェラードが歌っています。
歌詞です何語かわかりません。
Anol shalom
Anol sheh lay konnud de ne um {shaddai}
Flavum
Nom de leesh
Ham de nam um das
La um de
Flavne…
We de ze zu bu
We de sooo a ru
Un va-a pesh a lay
Un vi-I bee
Un da la pech ni sa
(Aaahh)
Un di-I lay na day
Un ma la pech a nay
Mee di nu ku
(Fast tempo, 4 times)
La la da pa da le na da na
Ve va da pa da le na la dumda
Anol shalom
Anol sheh ley kon-nud de ne um.
Flavum.
Flavum.
M-ai shondol-lee
Flavu… {Live on…}
Lof flesh lay
Nof ne
Nom de lis
Ham de num um dass
La um de
Flavne…
Flay
Shom de nomm
Ma-lun des
Dwondi.
Dwwoondi
Alas sharum du koos
Shaley koot-tum.


ということでちょっと脱線します。オリジナルです。歌っているのはジェラードのほうです。
Lisa Gerrard - Now We Are Free - Gladiator HQ


ちなみにグラディエーターはローマを舞台にした映画です。
ラッセル・クロウ主演、マルクス・アウレリウス皇帝は
「ハリー・ポッター」の校長先生だった故リチャード・ハリスが演じています。
新皇帝コモドゥスは故リバー・フェニックスの弟ホアキンです。

グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
ホアキン・フェニックスラッセル・クロウ

商品詳細を見る


安くなってました。他にも安くなってるバージョンとかあります。

ローマといえば、劇中よりも200年ほど昔、カエサルの時代、
大陸のケルト人と戦いが繰り返されていました。
カエサル著「ガリア戦記」です。
なかでもカエサルはウェルキンゲトリクスとの戦いには多く筆を費やしています。
ガリア戦記を見る限りウェルキンは野蛮で恐ろしい指導者です。
が、一方で若いながらに並外れた統率力を持つ魅力的な指導者でもあります・・・
ウェルキンゲトリクスとか好きなんですが
また脱線しすぎる予感なのでこの辺でやめときます。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

web拍手 by FC2

管理者にだけ表示を許可する
http://lunarstairs.blog26.fc2.com/tb.php/49-7386908b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 月の階(音楽:綺麗な声探し) all rights reserved.
プロフィール

五郎兵衛尉

Author:五郎兵衛尉
フォトショでよく試行錯誤してる音楽依存症です。気軽にコメント等どうぞ。

↓素材サイトも是非いらして下さい
「月の階」

検索フォーム

FC2カウンター

HMVで検索

HMV検索
検索する

セルフィ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。